FC2ブログ

指定席

1月28日(土)

       指定席

平日の夕刻、仕事を早めに切り上げ、映画館へ行った。
チケット売り場で見たい映画を言うと「指定席」だと、売り子の女性が言った。
週末や休日で、なおかつ新作なら混雑しているから仕方がないだろうが、
公開が終わろうとしている作品だし、平日だし、おかしい?が、
言われるままに、中央の席を要望した。

いざ劇場に入ってみると、案の定、5人しかいない。
私の指定席の前列に親子と思われる3人。
3列後に恋人と思われる若いカップルが2人。
以上である。

ところが、しばらくすると、
私の左隣りにポップコーンをもった「おっさん」が来て座った。

バリバリ クチャクチャ 喰い始めた。
私も「オッサン」だが・・・この広い閑散とした劇場で、
おっさんと肩をすり合わせながら、何で観ないといかんのや?!・・・

変な気分や!すぐさま、耐え切れず席を移動した。
あたりまえや!折角の好きな映画が台無しになってしまう。
新幹線の指定席でも隣りに変な人が座ると最悪である。

そんなこんなの「指定席」のお話である。
もしも、隣りが可愛い女性だったら、そのまま映画を観続けたかもしれない・・・

会議所会報 2006年9月号より

事務所椅子blog
私の指定席 事務所の椅子
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード