FC2ブログ

チェロの発表会 本番

8月31日(水)

1時に始まった。
ステージでは可愛い子ちゃんが、次々にピアノを弾いた。
親子での連弾もある。ママと一緒の演奏だ。

小学校高学年、中学生が終わった。
私の前が、小6年のバイオリン独奏だ。なかなかのものだ。

ステージ袖で待機していたが、緊張して喉が渇く。
いつものことながら、ドキドキする。
この歳になっても緊張するのだ。

アナウンスが流れ、ステージに出た。
小学6年生の次は、61歳のおっさんだ!

ピアノの N 先生に軽く会釈をして、ピアノの A音をもらった。
あたかも弦の微調整をしているかのような”振り”をした。
音痴なので、音程が合っているかいないかは判らない。
”かっこつけた”パーフォーマンスだ。

ピアノ4小節の前奏に続いて、弾き始めた。
♪ソードーシドレー♪ 何となくいい感じに音が出る。
伴奏とも合っている。

11年チェロblog
Pf N先生  Vc 私

苦手な部分も巧く行った。
コーダでは気分がいい。
もっと弾き続けたい・・・
最後はフェルマータで終わった。
一礼して「♪大きな古時計」は終わった。

会場からは”お愛想の拍手”があった。
ステージの袖では、チェロの K先生が大きな拍手をしていた。
「今までで一番よかったですヨ」と褒めてくれた。
ピアノの N先生もしかり。
バイオリンの”褒めない” M先生まで「腕あげたネ」。

みなさん”お世辞”だろうが、気分がいい。
それまでの緊張感は何処へか飛んで行ってしまっている。

なんか「チェロ続けて よかったかな」そんな風に思った。
夕刻の打ち上げ飲み会も気分良く、いつもより酒が進んだ。

最後に1句
 ※ 気分いい  チェロ続けて  十一年
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

無事終わったようでおめでとうございます。ドキドキしながら読ませて.もらいました。
私は何年も前に現役に楽器を譲ってしまったので、演奏できることがうらやましいです。
できる限り続けて下さい。
プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード