FC2ブログ

そうだ 蕎麦屋へ行こう

5月31日(火)

1週間前 5/22(日)のことである。
仕事を休みにしたが、別段することはないが、とにかく店から離れよう。
遠くへ行けば”休んだ気分”になれる。
何しようか?

友人のMさん Kさん UさんがGWに蕎麦を食べに行った。
その話を聞いていたので、ヤツと出かけることにした。
娘が休みだったので、ついて来た。
義姉も「行く」と言った。

目指すは高知の山奥 本川村だ。
愛媛県との県境に位置する。
高速道路を走り、伊予西条で降り、賀茂川に沿って山を登った。
新緑が目に優しい。
あいにくの小雨模様だが、朝露にしっとりと緑が映えている。
5・5kmある寒風山(かんぷうざん)トンネルを抜け、右折し、
細くなった林道をかなり走った。

民家の全くないこんな山中に、何でこんな立派な建物の蕎麦屋があるんだろう?
不思議でしょうがない。
純木造の建物で、店のエントランスには自然水の疎水が流れている。
古民家じゃない。
きちんと、それなりのしっかりした建物である。

私が着いたのは11時過ぎだった。
”1番のり”の客である。
開店11:30なので、しばらく店の廻りを散策した。

緑に囲まれた店の下には、澄んだ水が流れる川がある。
水の流れる音は、気持ちを落ち着かせてくれる。
枯山水を絵に書いたようなロケーションである。

不思議だ。何度も書くが、こんな山奥にこんな洒落た蕎麦屋があるなんて。

まずは、ビールだ。
ごま豆腐を肴に乾いた喉を潤した。

ゴマ豆腐blog
ゴマ豆腐の上 生わさび

ビール袴blog
ビールの袴が珍しい 

最後に1句
 ※ 蕎麦までに  ゴマ豆腐つつき  ビール飲(や)る  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード