FC2ブログ

衝撃の許可証

8月29日(日)

久々にショッキングな出来事が起きた。

「多度津町老人健康施設使用許可証」が届いたのだ!
”条例規則第6条第2号の規定により利用を許可します。”
の添付が記されてある。

更に、”おためしサービス券”が添付してあり、
”プレゼント券”が追加されてあった。
「コーヒーを差し上げます 是非 ご賞味ください」とある。

老人許可証blog

満60歳になったから来たのだろうが、いらない。
学生気分でいるのに、こんなものいらない。
まだまだガキの若造なので、こんなものいらない。
焼却処分しよう・・・と思った・・・

が、
折角頂いたのだから、
行ってみようか?・・・とも思う。

老人健康施設は風呂、喫茶、食堂、カラオケ、あんま機、などがある。
仕事で度々行ったことがある。
職員さんとも顔なじみだ。
「最若手利用者」として「許可証」を携え行ってみようか?

行くべきか、行かざるべきか、それが問題である。

「多度津町老人健康施設利用許可証」を縮めれば、
「老人許可証」だ。
許可してくれなくていい。

まだまだ”老人力”付いていないので俺は老人じゃない。
はたまた「老人許可証」を持っているので老人なのかな?

”微妙な”ところだ。

最後に1句
※ 還暦に  送り返そう  老人証
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

私にも先月「老人許可書」届きました。どうしましょう?メリットのある情報つかんだら教えてください。

Re: No title

> 私にも先月「老人許可書」届きました。どうしましょう?メリットのある情報つかんだら教えてください。

メリットはないでしょう? 一緒に風呂 行きますか?
食堂にビールがないのは残念です
プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード