FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイキング

5月24日(木)

いつの日から 食べ放題のことを
「バイキング」 と云うようになったのだろうか?

「バイキング」は、北欧の海賊で、子供の頃に観た映画では、
骨付き鳥に喰らいつき、片手にジョッキビールを持った映像が印象に残っている。
髭を生やした兵どもが、
勝利の歌を唄いながらの宴会シーンだ。

少年時代 貧しい時代だったので、
「喰い放題」 「飲み放題」に憧れがあったのだろう。
いつのころか、夏のビアーガーデンは、バイキングになってしまった。

話は、母の七回忌 朝のバイキングだ。
兄と妹夫婦は、丸亀駅前のホテルに宿をとった。
翌日の早朝 ヤツと車で迎えに行き、違うホテルの朝食バイキングに行った。
私の好きなバイキングだ。
オークラホテルだ。

種類が多い。
内容がいい。
宿泊客でなくとも、1500円払えばOKだ。
ちょっと贅沢な朝飯だが、「昼飯抜き」覚悟で食べれば、そうー高価でもない。
そんな覚悟で採った 私のバイキングだ。

オークラバイキングblog
左皿 しらす 大根おろし しゃけ たらこ たくあん 薩摩あげ 海苔
右皿 ベーコン 目玉焼き 玉子焼き スクランブエッグ ウインナー うずら豆 ポテトフライ
上方 しょうゆ ご飯 ポタージュスープ 納豆 味噌汁

いくらバイキングとは言え、採り過ぎだ!
判っているが、いやしい性なので、仕方ない。
方言では 「ガチ」 と云う。

本当は、ビールの1杯も欲しいところだが、我慢した。
おかずは、充分 酒のつまみになる。

もちろん採っただけは、全て「完食」した。
あたりまえだ。
バイキングの基本ルールだ。
多くの食材を食べ残している人をみると 腹がたつ。
「食べないのだったら とるな!」と言ってやりたい。

わが兄妹は、参加者全員 何も残さない。
兄も妹も完食だ。
わが家のルールだ! 家風だ!

満腹になった後、それぞれ 弘前 東京へと帰って行った。
あわただしい トンボ帰りの法事だったが、よかった。
充分 想い出話もできた。

とうちゃん かあちゃん どっかで 笑っていることだろう?
「バイキング 旨まげな ノー」 と・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。