FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴田さんのコロッケ

4月20日(金)

映画評論家で、歴史学者の濱田さんの本業は、散髪屋さんだ。
地域の情報にも詳しく、
「あそこの嫁ハンは、あそこの嫁ハンと姉妹だ」
「あそこは 兄妹 仲が悪い」
何でも知っている。

濱田さん 滑稽広場へ来る度 料理を持って来てくれる。
奥さん手造りのサラダ ワケギ和え、
穴田(あなだ)精肉店のトンカツ。
そして、今回 兄の帰省では、「コロッケ」だった。

穴田のコロッケblog
まだ温もりがある
穴田精肉店 濱田散髪店のご近所にある

元来 コロッケばかり喰って育った私は、自称 「コロッケ博士」 である。
ガキの頃 「コロッケ」 というあだ名が付いた程だ。
中学 高校 弁当には必ず 「八百屋のコロッケ」 が入っていた。
その日の気分で、ウスターソースだったり、醤油だったりした。

穴田さんのコロッケ・・・美味い!
型抜きでなく、手造りだろうから、型はいびつで、ラグビーボール型だが、
中はほっこり。
ひき肉をふんだんに使い、肉感 満点!
衣はサクサク ほどよい歯ごたえ。
何もかけずに、そのまんま かぶりついた。

滑稽広場での 「兄の歓迎会」 みなさんのお陰で、盛り上がった。
忘れられない宴会になった。
穴田さんのコロッケも忘れられない。

落語 「目黒のさんま」 じゃないが、
「コロッケは 穴田に かぎる!」

おあとがよろしいようで・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。