FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄の帰省

4月18日(水)

母の7回忌に、兄が帰省した。
弘前在住なので、久しぶりだ と 思ったのだが、
丁度 2年前 横浜で、兄妹会をやったことがあったので、
そう 久しぶりというわけでもなかったが、
やっぱり 多度津帰省ということでは 久しぶりだ。

まずは、父と母が眠る仏壇に手を合わせた。

兄仏壇blog



映画談議相手の濱田さんが、
滑稽広場で、兄と呑みたいとのお誘いを受けた。
お互い マニアックな映画知識を持っている。

兄の中学時代の友人 森安さんもお互い会いたがった。
奥さんは、私と小学校の同級生だ。

この場所 プライベト・バー 「滑稽広場」 は、
両親の新婚スタートの建物だ。
兄が生まれて、小学校入学までいた。

3年後に、私が生まれて4歳半までいた。
結構記憶にある。

ここは、私たち兄弟にとって特別な場所である。
妹は、移転した店で生まれた。

兄広場blog
談笑する
濱田さん 兄 森安さん 奥さん

ここ 「滑稽広場」 は、草薙さんから借り受けて、
滑稽バー と レトロ電器 にしたプライベート空間だ。

義姉夫婦とヤツも加わり、楽しい時間が延々と続いた。
キリがない。
スタートして、4時間が過ぎた。
いずれ終わりがくる。

明日は、東京から妹夫婦が帰省する。
明日もある。
思い切って「お開き」にした。

作家 井伏鱒ニ や 映画監督 川島雄三の名言
「さよならだけが人生だ・・・」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。