FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 「ミッドナイト・バス」

3月1日(木)

週刊現代の写真記事に、原田泰造さんが載っていた。
見出しが、「名優・笠智衆に憧れて」 だ。

原田blog
グラビア写真 

憧れの主は、小津映画の「笠智衆」だ。
寅さん映画 帝釈天の御前様だ。
冒頓としたセリフまわしが、独特で、
独自の雰囲気を持った、名脇役である。
映画には、絶対必要なキャラクターだ。

一般的には、憧れる対象俳優は、主役級 準主役級。
三船敏郎とか、高倉健とか、石原裕次郎とか、色々いる。

若しくは、渥美清 志村喬 藤竜也 などかな?
笠智衆に憧れる・・・滅茶苦茶 気になった。

原田泰造・・・知らなかった。
お笑い芸人だそうだが、バラエティー番組 見ないし、
お笑い番組 見ないので、知らなかった。
「笠智衆に憧れて」 これ1発で、原田ファンになってしまった。

そして、観たこの映画が、なかなかいい。
新潟~東京のバス運転手の物語だ。
終始 静かに流れる。

音楽が、地元 高松出身のバイオリニスト 川井郁子だ。
コンサートに行ったこともある。
美人なのだが、それだけでなく実力もある。
確か 吉永小百合「北のカナリア」も彼女が音楽を担当した筈だ。

ミッドナイトバスblog
ポスター

「ミッドナイト」と言うだけあって、何となく 映画 「深夜食堂」 の雰囲気にも似ている。
深夜は、もの悲しく 侘しく 静かでなければ・・・
人が眠り耽っている感じの音楽だ。

深夜に繰りひろげられる 人間ドラマ とでも言うところか。
俺なんざ 「イビキの時間」 でのお話である。

好きなタイプの映画だった。
原田泰造・・・目が離せない存在である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。