FC2ブログ

宮沢賢治展

10月14日(金)

高松市 菊池寛記念館で、この企画展をやっている。
知ってはいたが、なかなか行くチャンスがなかった。



高校の同級生 野村正人君は、先日始まった瀬戸芸で、
高見島 「海のテラス」を主宰している。

設計士の彼が設計した新築の家の電気配線をやっている。
現場は高松 屋島だ。
木造 古民家風おしゃれなデザインで、レトロな電気配線をやっている。
ノップ碍子を使った手間暇のかかる仕事だ。

前時代的な仕事・・・ 結構 得意である。
亡くなった親父からそれなりに教わっている。


昨日 行った。
この機会に、立ち寄った。
丁度 現場へ行く途中に菊池寛記念館がある。

宮沢賢治展blog
ポスター

受付で 入場料 200円を支払おうとした時、
「65歳以上 無料」が目に入った。

そのことを云ったら、
受付のお嬢さん 「免許証 お見せ下さい」
私 「顔 見たら 65歳以上やと 判るやろ?」

「いやあー かなり お若く見えますので・・・」
「うまいこと 言うやんか!」

とにかく 無料で入場出来た。

賢治には心酔している。
2011年 花巻まで行こうとし、宿も予約し、
航空券もとっていた。
震災で宿から断りの連絡が入った。

賢治に会いに、岩手へ行きたい思いを、ずうーっと持っている。

この企画展 明後日 日曜日までである。

最後に1句
 ※ 賢治さん  チェロで合奏  銀河系
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード