FC2ブログ

映画 「ブリッジ オブ スパイ」

2月19日(金)

仕事を早めに切り上げ、夕刻 映画館へ駆けつけた。
大ファンのS・スピルバーグ監督作品だ。
映画「激突」以来のファンだ。
全く予備知識なしで行った。

ブリッジオブスパイblog

米ソ冷戦時代のスパイ交換交渉が、あらすじである。
実話らしい。

巻頭 米で捕まったソ連のスパイ役の俳優がいい。
名前は知らない。
初めて観る俳優だ。
顔付きがいい。
渋さ 眼つき 雰囲気が抜群だ。

日本俳優で言えば、
宇野重吉 滝沢修 大滝秀治 そんな感じ。

主演 トム・ハンクスは、弁護士役。
歳いって、益々 味が出て来た。
名優だ。

スパイ捕虜の交換交渉の舞台は、東ベルリン。
セットが凄い。
ベルリンの壁を再現している。
昔観た ロマン・ポランスキー監督 「戦場のピアニスト」を連想させる。

いやーあ 重い映画だった。
凄い映画だった。
見ごたえ満点。

映画 観終わって、タイトルの「ブリッジ オブ スパイ」の意味が判った。
行く前 007 みたいなスパイ映画かと思っていた。
Gメンもの スパイもの好きな私であるが、
この映画は、ちょっと違っていた。

更に更にだ。
それに加え、よかったのは、
観客が、私ひとりだったことだ!!
他に誰もいなかった。

かつて ひとりだけだったのは、
40年前 丸亀東映の深夜映画
高倉健さんの 「駅・ステーション」以来 2回目。

劇場で、ひとりで観る映画・・・
何て いいーんだろう!・・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぼくも観た。同感、同感、ソ連側からのスパイ役の人が、この映画では一番光ってた。ぼそぼそ話す内容が、何とも味があった。あとでネットで調べたら、長い経歴をもつイギリスの舞台俳優さんらしい。最後にタクシーの後部座席に乗せられたので心配したけど、実在の人はその後はベルリンで無事に暮らしたとあったので、安心した。

No title

今日のニュースを見ると、この俳優さん、アカデミーの助演男優賞に選ばれたようです。

Re: No title

> 今日のニュースを見ると、この俳優さん、アカデミーの助演男優賞に選ばれたようです。

H2さん コメントありがとうございます
お互い 渋いところ 観てますね!?
確かに いい俳優さんでした
プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード