FC2ブログ

破れちまったズボン

2月24日(水)

中原中也の詩「山羊の歌」の中に
汚れちまった悲しみに 今日も小雪の降りかかる・・・がある。

全く関係ないが、仕事場でズボンを釘に引っ掛けけ、
左ひざの部分が、破れちまった。
長い間、はいていたので、汚れちまっている。
思い切って処分することにした。

破れズボンblog
破れて、らくだのパッチが見える

思えば、ガキの頃は、つぎはぎをしてボロボロになるまではいていた。
物が溢れ、衣類も安価になってしまった今、使い捨て時代だ。

物はなかったが、人情があった昭和30年代が懐かしい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード