FC2ブログ

花とおじさん

5月31日(土)

高校生の時 ラジオの深夜放送を聞きながら、
それなりに受験勉強をしていた時もあった。
「ながら族」なんて言葉も生まれた時代だった。
何故か印象に残っている歌があった。

歌手 伊東きよ子で、作詞 作曲 浜口庫之助の 「♪ 花と小父さん」だ。

小さい花にくちづけをしたら
小さい声で僕に言ったよ
小父さん あなたは優しい人ね
私を摘んで お家につれてって
私はあなたのお部屋の中で
一生懸命咲いて 慰めてあげるわ
どうせ短い 私の命
小父さん見てて 終るまで

可愛い花を僕は摘んで
部屋の机に 飾っておいた
毎日僕は 急いで家に
帰って花と お話をした
小さいままで 可愛いままで
或る朝花は 散っていったよ
約束通り 僕は見ていた
花の生命の終るまで

歳いって 今更ながら詞を読んでみると、何か変な気分になる。
読み込めば、深淵なる意味があるようにも思える。


突然だが、先日 佐柳島に仕事で行った時、
えらく気になった花畑fがあった。
船着き場上がって正面の空き地である。

黄色じゃなく、やまぶき色に近い花が満開だった。
私は、花の名前を知らないので、何の花か知らない。

ふざけて 息子に「シャッター押してくれ」
「ブログねたにするワ」

花とおじさんblog
タイトル「花とオッサン」

花と童 花と女 花と蝶 花と龍 などは、絵にもなるし、ドラマにもなるが、
「花とおっさん」では、どうも クサイ。

あえて 「花とオッサン」を撮った。

わけの判らないブログになってしまった。

最後に1句
 ※ 佐柳(さなぎ)にて  花とオッサン  蜂が飛ぶ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード