FC2ブログ

ボトルに 落書き

5月29日(木)

1昨日 佐柳島から帰り、仕事を早めに切りあげ、
店の閉店は、娘と息子に任せ、
ヤツと二人で 久しぶりに温泉へ行った。
早めとは言っても、6;30だった。

坂出市にある「さらい」と言う高級温泉だ。
入浴料金 1300円なのだが、友人から割引券をもらっていたので、350円で入れた。
と 云うより、「350円なので、行った・・・」が正解である。

いい湯で、浴場も広く綺麗だ。
サウナ ミストサウナ 泡風呂 露天風呂 様々あった。

ほっこりした。
歳いくと 温泉がいい。

多度津に帰って、近くの居酒屋 「笑門家(ええもんや)」で、軽く一杯呑(や)った。
鰆 鯵の刺身なんかを摘まみながら、ビールや熱燗を呑った。

ヤツは焼酎党なので、この店にキープをしている。
中身がなくなったので、新しいボトルをキープした。
ボトルに名前を書くようになっていて、
私が「らくがき」をした。

ボトル原哲blog
「海童」という焼酎ラベルに 「原哲」と落書き

星野哲郎 作詞 「♪昔の名前で出ています」には、
♪ あなたの似顔をボトルに書きました♪ と あったが、
私は、ボトルに落書きをした。

この店は、多度津港桟橋のまん前にある。
開店以来 たまに立ち寄っている。
呑んだ後は、ほろ酔い加減で家まで歩く。
丁度いい距離なのだ。

そして、翌朝 車を取りに行く。

多忙で、日曜日も仕事で、久しく温泉に行ったことがなかったが、
何となく のんびり出来た。

最後に1句
 ※ 焼酎や  ヤツのボトルに  落書きじゃ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード