FC2ブログ

金沢へ・長浜で

5月31日(金)

安宅の関で、日本海に沈む夕日を眺めて、一路 北陸自動車道を走った。
目指すは今夜の宿がある 近江 長浜である。
 
もう渋滞には巻き込まれなかったが、宿についたのは8時も過ぎていた。
駅前のビジネスホテルだ。
今夜はそれぞれシングルルームなので、ゆっくり眠れそうだ。
昨夜 金沢 滝亭では、私の大いびきで、皆さんにご迷惑をかけたようだ。
意図的に迷惑かけたのじゃないので、反省心は薄い。

昼餉が遅かった。
「もりもり鮨」でたっぷり喰った。
でも夕食を食べないわけにもいかない。
4人で、ホテルの2階にあった居酒屋で、軽く呑(や)った。

義兄「長浜は その昔 今浜と呼んでいたそうで」
  「秀吉が信長の長をとって 長浜と名付けた」と、詳しいことを知っていた。

私 「ほんだら 大坂城も 長坂城に すれば・・・」と思った。

旅の2日目の夜が、静かに暮れていった。


翌朝 ホテルのモーニングコーヒーを飲み、散歩がてら長浜城公園を歩いた。
晴天で気持ちいい。

長浜城のすぐ横は、琵琶湖だ。
見た感じ 海だが、波がない。
まるで瀬戸内海だ。

琵琶湖blog
晴天の琵琶湖 波がない

ヤツが琵琶湖の水を小指で舐めた。
「塩辛く ない」
「海じゃないワ 湖だワ」

私「あたりまえ じゃ」

北国街道 長浜の町をそぞろ歩くこと2時間。
ガラス工房 黒壁屋敷を覗く。

さあー彦根へ行こう。
琵琶湖を右に見ながら車を走らせた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード