FC2ブログ

金沢へ・小松で

5月27日(月)

もりもり鮨で大満足して、金沢西インターから乗った。
20分程走れば、小松市だ。

大学時代 電気工学科の同級生 K 君は金沢で舞台監督をしている。
演劇 歌舞伎からバレー クラシックコンサートまで幅広く活躍している。
各種イベントの企画 立案から進行もしている。

その彼 電気工学科で主席だったが、
何故か 転部して、卒業は法文学部 ドイツ文学科だった。

今回 「金沢へ」の旅で、彼に会いたかったが、
GWの間、小松市で全国子供歌舞伎大会の舞台監督をしていて、会えなかった。
それならと、小松市の会場まで、会いに行くことにした。

小松市だけ判っているが、会場の名前も知らないし、細かい場所も判らない。
駅近くに行けば、何とかなるだろう。

小松インターを降りた時、前を走る車のナンバーが群馬ナンバーだ。
車体には × × 市役所と書いてある。
「おそらく 子供歌舞伎の関係者だ」と想像し、ついて行った。
車の後ろを走った。

その通り。
車は見事 会場である 小松芸術劇場「うらら」に着いた。
推理的中だ。
子供歌舞伎 今年は第15回目で、それなりの歴史がある。

関係者の顔をして、楽屋口から入った。
子供歌舞伎とは言え、本格的な舞台装置 衣装で、凄い。
丁度 「勧進帳」最後の舞台 弁慶の花道で、閉幕寸前だった。

子供歌舞伎blog
子供歌舞伎「勧進帳」クライマックス
義経  弁慶  富樫

舞台裏で、K 君を発見。
忙しそうなので、数分の立ち話をし、讃岐の土産を渡し、退散した。
元気そうで何よりだ。

積もる話 いっぱいあるが、「じゃあー またな」

最後に1句
 ※ 勧進帳  友の活躍  泪する
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード