FC2ブログ

割烹・ぎょうてん

3月30日(土)

昨日のブログの続き。
朝早くから電気工事士免許更新の講習会に出かけて来た。
しんどい1日だった。

折角 県都 高松まで来たのだから、何処かで一杯呑(や)って帰ろう。
繁華街を物色しながら歩いた。

飲食街 ライオン通りにいい店がある。
いい鮨屋もあるが、まだ準備中だ。
ちょっと時間が早いようだ。

高松在住の高校時代の同級生 W 君の携帯にTELした。
「ひとりで呑める えー店 ないか?」
W博士「俺 今 東京や」
それで教えてもらった店へ行った。

その店まで行ったが、その横にいい感じの店があったので、そっちの方にに入った。
理由(わけ)は判らないが、”俺の嗅覚”かな。
店名「ぎょうてん」と言う。
びっくり仰天の”ぎょうてん”だ。

引き戸を開け、そーっと入った。
右手に7席ほどのカウンター 奥に4人掛けのテーブル2席。
小体な いい造りの店である。

まずは生ビールを注文した。
キリンブラウマイスターだ。
付き出しと一緒にでてきた。
いかそーめんを注文し、ビールのおかわりだ。

いかそーめんblog
けんさきいかのイカソーメン
生姜とスダチ

寡黙に呑んだ。
少し話をした。
熱燗に変え、タラの白子昆布焼きを注文した。

白子blog
ポン酢 アルミホイールの上に昆布を敷き たらの白子を焼く

熱燗blog
はかまに 九谷焼のひょうたん徳利

一人で静かに呑むにはもってこいの店だった。
BGMにジャズが微かに流れている。
バロックの方がいいが、仕方ない。
料理はいいし、器も洒落てる。

主人は若いのになかなか料理センスがいい。
若い賄いの女性も愛想がいい。

お客が立て込んできたので、「お勘定」。
またのチャンスあれば立ち寄りたい店だった。
こういう店を見つけると、何だか得した気分になる。

最後に1句
 ※ 白子焼き  見知らぬ酒場で  独り(ひとり)酒
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード