FC2ブログ

あん餅雑煮

12月31日(土)

元旦 竜泳会の初泳ぎに 多度津の雑煮が振舞われる。
いりこ出汁 大根 金時にんじん 白みそ あん餅だ。

この雑煮 NHK地デジ放送で、放映される。
多度津育ちの私には違和感 全くないが、
おそらく全国の殆どの人が、首をかしげるだろう。

「ミスマッチ」 「変な」 「奇妙な」 「ありへへん」 「絶対 食べたくない」
そんなコメントをするに違いない。

実際に食べるとそーでもないのだが・・・
むしろ 「クセになる」のだが・・・



明日は、多度津商工会議所 女性会の女傑たちが作ってくれる。
今日(大晦日)は、下ごしらえ 仕込みをする予定だ。

女性会の皆さんが、先日 見本の”あん餅雑煮”を作ってくれた。
いい感じに仕上がった。
これなら大丈夫!

あんもち雑煮1blog
みどりは ミツバ

あんもち雑煮2blog
みどりは 青のり
底には つぶあん餅が 隠れている

私は、今日 昼から会場設営をしに行く。
テントを立て、ガスをセットし、水を運搬する。
TVを運び、アンテナも立てよう。
リアルタイムで放送を映そうーと思う。


当日はお神酒も振舞われる。
ポスターによると、 10:45~ と書かれてある。
神の酒 と書いて 「おみき」 だ。
地元 多度津工場で作った 「金陵」の樽酒である。
おめでたい ありがたい。

多度津産のお神酒を呑んで、
多度津のあん餅雑煮を頬ばる・・・
豪華絢爛じゃないが、最高の取り合わせだ。

ただ 数に限りがあるので、当たらない人には申し訳ない。
あん餅雑煮を頬ばっている画面が、全国放送に流れるだろう。
酒好きな方は、スルメや はじき豆 持参した方がいいかもネ。

来年(明日)も 寒さを吹き飛ばし、
冗談を言いながら、
辛さ 苦しさを笑い飛ばし、
ボチボチ 生きて行こう。

最後に1句
 ※ 酒のあと  あんこ欲しがる  初泳ぎ
スポンサーサイト

94回・初泳ぎ

12月28日(水)

多度津の正月 元旦行事に 「初泳ぎ」 がある。
94回も続く伝統行事だ。

先年逝った私の母と同い歳だ。
これまで1度も絶えることなく続いてきた。

もうひとつ 箱根駅伝は 93回目。
多度津の初泳ぎより 1年若い歴史しかない。

多度津の初泳ぎを主催する 「竜泳会」 は、
多度津高校水泳部OBを中心に活動している。
その会長さんが、藤原さんだ。
往年の名選手だったそうな。
現副会頭だ。

初泳ぎblog
立派なポスター
氷水のような多度津港へ多度津高校の若者たちが飛びこむ
子供 中年 老人 女性もいる
見てるだけで 寒気がする
見てるだけで 風邪をひく


多度津商工会議所が、11月から新しい執行部になった。
会頭に高島氏。
副会頭に武林氏 藤原氏。
そんな関係もあって 会議所も応援することになった。
雑煮制作が会議所の担当になった。
会議所 青年部も応援してくれる。

会議所 女性会のみなさんが、元旦早々 協力してくれて、
多度津名物(?)「あん餅雑煮」を振舞う。
今年から ヤツが、女性会の会長をしている。

白みそ仕立て つぶあん入り餅 の雑煮だ。
番組の中で、この 「奇妙な雑煮」 の話に花が咲く模様。

その会場設営 用意 舞台裏 下働き 雑用を私がする。
テントも張らんといかん。
テレビも映るようにしよーと思っている。

実は 今年は、この行事がNHK 地上波の全国放送にのる。
元旦 朝 8:30~ 11:54だ。
全国5ケ所からの中継なので、ランダムに中継が入る。
「多度津」を宣伝する絶好の機会だ。
様々なエピソードを交えながらの番組になりそうだ。

スタジオではメインキャスターに三宅裕司さん。
更に 有名人 著名人 ゲスト多数。
多度津では 名は知らないが、お笑い芸人も海に飛び込むみたい。

会場は浜街道沿いの多度津港だ。
ここへ来れば、ひっとすると テレビに映って、
遠くの親類や友人たちの目に止まるかもしれない。

天気もよさそーだ。
楽しい いい番組になりそーだ。

木製のセロ弾き

12月26日(月)

幼な親友のヒデキからお土産にもろた。
11月のはじめに北海道を旅したみたい。
買ったのは富良野プリンスホテル横のお店のようだ。

ヒデキ君 わが家の歯の主治医である。

可愛いセロ弾きのゴーシュで、
どんぐりの木(?)で出来てるみたい。

木製セロblog
眼を閉じて セロを弾く

ここの売店 実は 2001年の盆休みにヤツと行ったことがある。
札幌からレンタカーで富良野へ走った。

ここでコーヒーを飲み、売店でCDを1枚買った。
歌詞のない音楽だけの 「♪ 北の国から」 だった。
もともと歌詞のない曲だが・・・
今でもこれを聞くと、富良野 美瑛の景色が思い出される。

これをきっかけに 私の下手なチェロで、
次回は 「♪ 北の国から」 にトライしてみよーかな?

♪ あーあーあああああーあー
♪ ああーああああー
♪ ああああーあああああーあー
♪ ああーあああああ あー

最後に1句
 ※ あああああ   あああああああ  あああああ
  

ミニ6穴 システム手帖

12月22日(木)

20年を超えて、ミニ5穴のシステム手帖を使っている。
年末になると、中身を買っている。

この中身 結構 マイナーなので、
高松の店でしか売っていない。

今年も 2017年度版 を買いに行ったが、
「廃版になりました」と言う。
20年を超えて使っているのに・・・
愕然とした。

私はアナログ人間なので、ワンパターン親父である。
スケジュールを携帯電話で管理する術も知らない。
やろうー とも思わない。

仕方なく ミニ6穴のシステム手帖に変えることにした。
少し寸法が大きいが、仕方ない。
ズボンの右後ろポケットに入れるので、小さい方がいいのだが、
ない のでは仕方ない。

6穴blog
左 ミニ6穴 Davinci i製
右 3代目のミニ5穴 Knooxbrain 製

現在 3代目を使っている。
ミニ5穴 小さいながらもお札の財布がわりにしていた。
免許証 名刺を]入れ、数少ないカードをいれてあった。
何処へ行くにも これだけは 外せない一品だった。

新年 正月からは、ミニ6穴になる。
これから10年は超えて、6穴手帖と付き合うことになるのだ。

本革製なので、遣い込めば 味が出てくるだろうー。

手帖を変えるということ 結構 淋しいものである。

明太子と味噌麹漬け

12月16日(金)

盟友 映画評論家で歴史家の濱田さんから頂いた。
居酒屋じゃこ家で、隣に座る友でもある。

奥さんが北九州出身なので、里帰りの際のお土産だ。
最高級の明太子だ。
美しくて食べるの もったいない。

めんたいこblog
極上明太子

もうひと品
味噌麹漬ももらった。
サバとイワシだ。

みそづけblog
どっきり

見目麗しくない
見た目 よくない
でも 口に運ぶと、うまい!
初めての味だ。

イノシンサンNa と グルタミンサンNa が醸造され、
魚本来の旨味成分と合体し、
言われなき味になっている。

北九州名物
自家製手造りの逸品だ。

酒の肴にもいい。
あつあつのご飯にもぴったり。

料理は”見た目”が大事・・・と言うが、
そんなことはない。

こなん 見た目悪いのに こなん 美味しいんや!

最後に1句
 ※ 味噌麹  綺麗ばかりが  のうじゃない
プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード