FC2ブログ

長崎 「いつか読書する日」・志士丸会

6月30日(火)

今宵のホテルは、全日空ホテルだ。
グラバー邸の真下にあり、川が流れ、海にも近い。

先年 観た映画 「いつか読書する日」は、長崎が舞台だった。
メジャー公開はされなかったが、秀作で、お気に入りの映画だった。

いつか読書blog

主演 田中裕子 岸辺一徳 仁科亜季子 渡辺美佐子
香川照之 杉本哲太 左右田一平
いい役者ばかり。

監督は、緒方明
脚本は、青木研次

田中裕子が抜群によかった。
演じる独身女性の趣味は、読書。
本棚にはドストエフスキーが並んでいた。

JR長崎駅の観光案内所で、ロケ地の場所をを聞いた。
どうもこのホテル近辺らしい。

確固たる場所は判らなかったのだが、
何となく、見たことのある景色があった。

坂道 階段 川 スーパー 電車の停留所 映画のシーンを思い出した。
チャンスがあればもう1度 見てみようと思っている。
レンタルビデオ あるやろか・・・?

最後に1句
 ※ 旅をして  ロケ地巡り  また楽し
スポンサーサイト



長崎 「長崎奉行」・志士丸会

6月29日(月)

JR長崎駅ビル すし浜で、たらふく 鮨を喰った後、雨の長崎を歩いた。
例によって、ヒデキの後にくっ付いて行くだけだ。

日本聖人記念聖堂は、キリシタンの聖堂だ。
神秘的な雰囲気があった。
中町教会は、静寂な教会で、天井が高い。

坂本龍馬が、いろは丸沈没事件で談判したという
聖福寺は、いい感じだが、建物が、かなり朽ちていた。
この辺りは、お寺が多い。

そこを出た頃には、風がきつくなってきた。
ゴルフ組は、この風雨の中 ゴルフしよんやろか?
気の毒に・・・

そして、長崎歴史博物館へ入った。
立派な部屋の中庭で、時代劇の寸劇をやっていた。
これが、おもろかった。

出演者6名程度だが、衣装 化粧 立派だ。
素人さんらしいが、演技力がある。
セリフ回しもうまい。

筋書きは、白砂での裁判風景だった。
遠山の金さん 顔負けの長崎奉行お裁き場面だ。
20分間だったが、楽しめた。

最後に観客そろって、「これにて 1件 落着」 唱えた。
楽しい時代寸劇だった。

長崎奉行blog
  ヒデキ 長崎奉行 私
俳優 東山紀之さん似の 長崎奉行

タクシーでなく、路面電車で移動し、出島を見学した。
路面電車 どこへ行っても120円のようだ。
その頃には、雨もあがり、風もなくなった。

今晩のホテルに向かうことにした。

長崎 「すし浜」・志士丸会

6月28日(日)

志士丸会 JR長崎駅着 正午。
ここは終着駅 即ち 始発駅。
鹿児島中央駅もそうだった。
地元 高松駅も同じく。

JR長崎blog
JR長崎駅 線路の終点

いくら電車の中で缶ビールを呑(や)っているとは言え、
昼時には昼餉を摂らねばならぬ。

敬愛する文芸評論家 川本三郎氏の著書 「旅先でビール」に倣って、
ビールの連続だ。



長崎駅ビル 5Fが飲食街になっている。
店のディスプレイ 一覧を見ると、蕎麦屋がよさそう。

私    「蕎麦でも たぐるかー?」
ヒデキ 「ええーなー」
で エスカレーターで5Fに登ったが、
お向いの鮨屋が気になった。
回転ずしだ。

私   「ここに せんかー?」
ヒデキ 「ええでー」

長崎は、坂と階段の町である。
即ち 海の町でもある。
即ち 海の幸が豊富な町である。
したがって、鮨屋の鮨ネタがいいのは、うなづける。

毎夜 毎夜 わが滑稽食堂で、
ひさっさんが獲ってきた ”多度津前” の刺身ばかり喰っているが、
”長崎前”の魚も、趣向が変わって、いける。

二人で、 「夜は しっぽく料理やキン 控え目にしとこノー」 と話したが、
喰いだすと、お皿の重なりが、とめどなく 増えた。
と同時に、生ビールも増えた。

3バカトリオのひとり=JP(ジョッパチ)博士君が居たなら、
熱燗にまで進んでいたにちがいない。

そんな中 突然 「じゃんけん大会をします」 と、従業員さん。
私は勝ち進み、賞品に 鮨3点盛りをもろた。
「ラッキィー!」

賞品鮨blog
賞品で もろた鮨
  はまち イカ アジ

こんないい店に出会えるのも、旅の楽しみのひとつである。

最後に1句
 ※ じゃんけんで もろた鮨 喰い  皿並ぶ

今日は日曜日。
お店では、パナソニックフェアー。
私は、工場作業に行かねばならない。

年齢確認

6月26日(金)

昨夜 滑稽食堂での会話。

ひさっさん 「最近 ブログの更新 ないやん?」
私      「毎晩 毎晩 食堂で張りついて おるキン」
       「書く時間 ないんヤー」
ひさっさん 「今日は 早よー帰って 書いてよ」


てなわけで、書くことにした。
”ネタ”は、あるのだが、時間がない。

安易に 今月号 6月分の多度津商工会議所 会報より

会報6月blog
会議所会報



年齢確認


煙草を吸い始め、かれこれ45年になる。
最近 禁煙が地球規模で叫ばれている。
私も呼応したいが、なかなか出来ない。

煙草をカートン買いをしていたが、
ここんとこは、煙草を止めようとして、1個単位で買っている。

コンビニで買う時、
年齢確認の為、TV画面にタッチするようになっている。

店員さんが、「タッチお願いします」と言うのだが、
どう見たって、私のようなおっさんが、年齢20歳以上に決まっている。
でも、「はい」にタッチしなければならない。

サバ読んで、10歳若く言ったとしても、54歳。
恥知らずのように、20歳嘘言っても、44歳。
どう転んでも、20歳以上に間違いない。
でも、「はい」にタッチしなければならないのだ。

いくら法律で規制されているとは言え、
毎回毎回 不自然に思われて仕方がない。
いっそーのこと 禁煙しよーか?
そう思いながら今日もTV画面にタッチしながら、煙草を買う私である。

最後に1句
※ 煙草買う  はたち以上  はいタッチ

長崎 「今日も雨だった」・志士丸会

6月21日(日)

志士丸会 四国勢は、歯科医のヒデキと、
岡山大学 JP(ジョッパチ)博士と
私だ。
自称 他称 「3バカトリオ」と言う。

JP博士は、今回 参加出来ない。
ヒデキと 「2バカカップル?」 になってしまった。

岡山駅で九州新幹線 さくらに乗り込んだのが、朝8時。
アホの二人は、缶ビールを持ちこんンだ。

私 「これから 2日間 頼むノー」
ヒデキ 「まかしといて!」 と乾杯だ。

昨秋 濱田博司教授の慶応医学賞受賞式に行った時
東京への新幹線内 酒宴の再現だ。

長崎缶ビールblog
ヒデキ キリン    私 アサヒ
二人とも500mlの缶ビール
俺は 別に 350mlも用意していた

旅はいい。
朝8時からビールを呑んでも、罪悪感はない。

ビール呑んで、話をしていたら、博多を過ぎた。
しんとす駅で、長崎本線に乗り換えた
5時間かかったが、すぐ到着した感じだ。

長崎駅を出ると、雨が降っていた。
長崎地方の天気予報を見ていたが、雨マークはなかった。
でも 「長崎は雨だった」。

ほんまに 長崎は よーけ 雨 降るンヤ なあー。

長崎雨blog
私の後姿
ヒデキが撮影

ヤツが、 「持って行き」 と、差しだした 折りたたみ傘が、威力を発揮した。

最後に1曲
 ♪ あああー 長崎ーいは 今日もー  雨えーだったあー ♪
プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード