FC2ブログ

けんオッサン のブログ

2月25日(水)

諒筝会(りょうそうかい)の邦楽演奏会では、集合写真・本番・懇親会 全てで、
写真撮影をしてくれたカメラマンは、
私の高校時代の同級生 「けんオッサン」だ。

集合写真blog
彼撮影の 集合写真

当時 仲南町と言って、こんぴらさんのまだ山奥から、
汽車に乗って通学していた。
おそらく片道 1時間はかかっていただろう。

あれから 48年。
同級生 みんな 「オッサン」になってしまった。

けんオッサン 退職して、まさに悠々自適な生活を送っている。 
もちろん趣味でやっているアマチュアカメラマンなのだが、なかなかセンスがいい。
いい腕だ。
カメラがいいのかな?
いや 腕だろう。
いろんな会で入賞している。

そんな彼が、 「俺も ブログ 始めたゾー」 と云った。
更に 「君のブログ・滑稽倶楽部を リンクした」 と云った。
    「かまん かー?」
私  「ええー どー」。

何故か 検索タイトルは、”香川県満”。
よー意味 判からんけど、
これで検索すると、出てくる。

カメラマンなので、写真主体のブログだ。
旅して撮った写真を中心にアップしている。

私は、文章日記ブログだが、
彼は、写真日記ブログのようだ。
スポンサーサイト



第10回 諒筝会 演奏会 

2月24日(火)

諒筝会(りょうそうかい)の演奏会が終わった。
第10回目の 記念すべき会だった。

ヤツと娘は舞台で演奏。
息子の嫁は、着物を着て ”めくり” 担当。
私は裏方。

諒筝会入口blog
善通寺市民会館 ホール入口
開演前 景色

いやーあ 疲れた。
前日の会場設営から、リハーサル(私が演奏するわけじゃないが)
舞台照明やら細部のチェック。
弁当手配に懇親会進行 司会。
慣れない作業に クタクタ。

昨日は東京の先生方を高松空港まで、見送りした。
ヤツ共々 義姉夫婦と車2台で見送りした。
私は運転手。

当日 大勢の観客が来てくれた。
会場 ほぼ満席になった。
会館の職員さん 「すごいですね」
「邦楽演奏会で こんなに人が入るなんて・・・」と
褒め言葉だ。

友人の多度津町長夫妻。
同じく 県議会議員夫妻も来てくれた。
同じく 国会議員 大野敬太郎氏からは電報が届いた。

ヤツの友人 私の友人も来てくれた。
お祝いの花も届いた。

新聞で知った ラジオで聞いたという人もいた。
私のブログを見たと、来てくれたのは、
兄の同級生・森安さんだ。

事故もなく、トラブルもなく、全てがうまくいった。
ありがたい。

何より 全ての演奏曲目の「出来がよかった」。
リハーサルよりよかった。

今週は溜った仕事を処理しなくてはいけない。

本日 本番

2月22日(日)

諒筝会 第10回 邦楽演奏会が、今日 本番である。
善通寺市民会館で、午後1時から開演する。

昨日は、リハーサルがあり、本番さながらの演奏が続いた。
東京からの客演 安藤政輝先生の指導の元  熱が入った演奏だった。
同じく客演の尺八 難波竹山先生は、私と同世代だった。

それに先だって、舞台看板を取り付けた。
センター位置を確認し、レベルをとり、インアパクトドライバーで固定し、
ステンレスワイヤーで堅牢に吊るした。

会館の人 「看板屋さんですか?」
私 「ハイ」。

舞台看板blog
舞台看板
私のデザイン

その後、リハーサル中 音響 照明室に入ったり出たり、
雑用をこなした。

天気予報は、ぴったし合って、今朝はあいにくの小雨が降っている。
残念だが、仕方ない。

80人分の弁当とお茶を、スーパー「ピカソ」へ
取りに行かねばならない。

いよいよ 午後1時から本番である。

そして、夕刻は、こんぴらさんの有名ホテルで打ち上げパーティーだ。
進行 司会 も私の担当になっている。
お馬鹿に(?) 盛り上げよう・・・

本日 臨時休業 なり

2月21日(土)

井伏鱒二 「本日休診なり」 じゃないけれど、
わが電気屋は、「本日 臨時休業 なり」 にする。

何故かと云うと、
明日 2/22(日) pm1:00~
善通寺市民会館で、邦楽演奏会 「諒筝会」がある。
その設営 リハーサルが、今日 ある。

息子は、京都出張で不在。
ヤツと娘は、出演者。
私は会場設営 看板設置 弁当手配 その他雑用をしなければならない。

となると、全員不在。
必然で、店を閉めなければ、どうにもならない。
零細ほど大きくない 極細商店の悲哀だ。
微細商店かな。
パパママ店の悲劇である。

店2/21blog
今朝の店
本日 快晴なり

私は、昨年からの日曜作業がズウーッと続いてるので、
言わば「久しぶりの休日」になる。
この日だけは、日曜作業を断って調整した。

ほぼ1年前からヤツや義姉やお琴仲間が、企画計画した演奏会だ。
ほっとけない。

NHK 四国新聞も記事にして応援してくれている。
そうそう、昨日の新聞記事に続いて、
今日は、イベントガイド欄に掲載してくれている。
友人 知人も協力してくれている。

店の臨時休業・・・息子の結婚式は日曜日だったので、
娘の結婚式(土) 以来かな・・・

四国新聞 「諒筝会」

2月20日(金)

今朝の地元紙 四国新聞に、
諒筝会(りょうそうかい)・邦楽演奏会の記事が掲載された。

イベントガイド欄ではなく、ひとつの記事として紹介されている。
写真こそないが、達筆な文章で、
実にスッキリした文章にまとめてある。

ヤツ「流石 プロの記者 文章 巧いワー」

四国新聞諒筝会blog
四国新聞 22面の記事

演奏会は、明後日 2/22(日) pm1:00~なので、
今朝の新聞記事は、実に”タイムリー”である。

瀬戸芸 「海のテラス」主宰の野村正人君は、高校の同級生だ。
建築設計士で、四国新聞と関係が深い。
社屋の設計もしているらしく、「顔が利く」。

また、瀬戸芸の際は、取材もうけ、何度も記事になって登場した。
そんな関係で、野村君が窓口になって、今回の取材~記事になったのだ。

昨日のブログにも記したが、様々な人達の協力があって、
演奏会が開催される。
このことに、深く感謝したい。

最後に1句
 ※ 諒筝会(りょうそうかい)  放送・新聞  取材され
プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード