FC2ブログ

金沢へのチケット

7月31日(火)

連日の酷暑の中 仕事に追われている。
何もかもが重なり、お手上げ状態だが、ひとつづつ処理しなければならない。

新築工事 改築工事 エアコン工事 修理 商品配達 お祭工事
休みなしで動いても間にあわない。

8月4日~5日の金沢での、大学時代の同窓会は何があっても行く。
全てを投げ打っても、行く。

昨日 ヤツが JRのチケットを買った。
「金沢に昼頃 到着するように」との私の意向で買った。

金沢へのチケットblog

多度津~瀬戸大橋~岡山
新幹線で大阪
そして、サンダーバードで金沢へ。
12時丁度に到着する。

今から仕事だ。
今日も暑そう・・・
心身共 限界に近い。
スポンサーサイト



蚊取り線香

7月29日(日)


     蚊取り線香


新聞の片隅に「ふらふら」と題した短編小説風の文章が10日間程連続で掲載されていた。
俳優 大滝秀治と岸部一徳の掛け合いが絶妙であった。
実は蚊取り線香メーカーの宣伝なのである。

毎回さりげなく出てくる「携帯蚊取り器」なる商品が気になり、だんだん興味を持った。
そして挙句の果てには「購入」してしまった。
まさに宣伝に乗せられたわけである。
乾電池で動き80時間もつらしい。
臭いもなければ音もしない。
首にぶら下げているだけで蚊が近寄ってこないそうだ。

夏場、仕事現場で蚊に困っていた。
スプレーや塗り薬で対処していたが、赤く腫れた腕は無残なものだ。
動物や昆虫と共生したいなどと、うそぶくものの、
血を吸う蚊だけは天敵のようにやっつけていた。

雑草がおおい茂った山近くで仕事をしていた時、
息子は蚊に噛まれまくって、パチパチ手を叩いていたが、私は平静そのものだ。
不思議なくらい蚊に噛まれない。
この時はじめて「威力」を知ったのである。

わが家では各人それぞれ「携帯蚊取り器」を持っている。
妻と娘も首にぶら下げ犬の散歩に行っている。


会議所会報 2006年6月号より


携帯蚊取りblog
当時 買った 携帯蚊取り器


※ 仕事に追われ、BLOG書く時間がないので、
  過去の文章を引っ張り出した。
  今日は日曜日 今から仕事だ。
  儲けじゃなく ”約束をしてる”から 出掛けて行く。
  もう「フラフラ」だ。

高校野球 ベスト4

7月25日(水)

夏の高校野球 香川県大会で、ベスト4が決まった。
準決勝戦が、レグサススタジアム(旧県営球場)で、今日ある。

11時~ 観音寺第一高校(観一)VS 香川西
1時半~ 丸亀高校 VS 尽誠

今朝の四国新聞blog
今朝の四国新聞

香川県西部の観音寺と三豊対決
中讃の丸亀と善通寺対決になった。

ヤツは、観一 出身
俺は、 丸高 出身

昨夜 晩飯 喰いながら 「どっちも勝って 丸高と観一の決勝になったら エエノー」
ヤツ 「そーネー」
いつも反対意見ばかり言うヤツだが、
久しぶりに、意見が合った。

暇だったら、現場まで応援に行きたいところだが、
この多忙さでは、到底 無理である。
まあー 仕事しながら ラジオでも聞くのが、関の山である。

もし、どちらも勝って、決勝戦が 丸高 VS 観一 になったら、
どちらを応援するか、ヤツとモメルにちがいない。

いつものように「敵同士」になるだろう・・・

仮面サイダー

7月22日(日)

同窓会「志士丸会 丸亀で」があったのは、6月3日だった。
それ以来 休日なしで、”馬車馬の如く”走った。

心身共 疲れ果て 7月16日(海の日)は休むことにした。
休むとは言っても、松尾川温泉へ行く位の ささやかなものである。

夕刻 湯につかった。
ヌルヌルした透明な泉質の湯は、
疲れた 老いかかった肉体を癒してくれるような気がする。
緑の中で、流れる川の水を眺めると これ以上のものはないような気になってくる。
客は誰もいないので、浮世の喧騒から隔離されているような気になってくる。

満足し、浴場から外へ出た。
受付のおばちゃんとは”馴染み”になっている。
「元気なんな?」
「今日も暑かったなあー」

横にある自動販売機に眼をやると、見たことのない缶が陳列されてる。
おもろいなあーと思ったのが「仮面サイダー」だ。

仮面サイダーblog
陳列の缶を撮影

私は仮面ライダーを読んだこともないし、
見たこともないが、
「仮面ライダー」の名前くらいは知っている。

この「パクリ」 面白い。
飲んでみたいが、その後の 帰ってからのビールの方が楽しみだ。
なので 買わなかった。

仮面サイダー・・・いい名前だ。


今日は 日曜日だが、約束の仕事で、多度津沖 佐柳島へ ひとり 今から行く。
がらくた・骨董「滑稽堂」を開店したいが、ままならない。

御霊前

7月21日(土)

換気扇の修理依頼があった。
長年 取引のないお客さんからだ。
いわゆる”御無沙汰客”からだった。

多忙なので、すぐには行けなかった。
数日して訪問した。

簡単に直った。
「ありがとう」と言われ、リポビタンD 2本もろた。
が、修理代金は要る。
ボランティアじゃない。
商売だ。

このお客さん 父と母と親しかった。
立ち話をしていた時、
冷蔵庫の注文を頂いた。

よって、換気扇の修理代金は無償にした。
俺も”ゲンキンな”もんだ。

ご霊前blog
頂いた 御霊前とリポビタンD 2本

そして、帰り際 母の葬儀の「御霊前」をいただいた。
母が亡くなって 明日で3ケ月になる。
母を忘れずに「御霊前」を用意してくれていたのだ。
嬉しかった。
恐縮して、有り難く頂いた。

人の「気持ち」って 嬉しいものである。
プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード