FC2ブログ

映画 市川崑「おとうと」

2月28日(月)

丸亀総合会館で”名作映画まつり”があった。
市川崑監督の3作品「野火」「ぼんち」「おとうと」である。
仕事と時間の都合で「おとうと」だけを観た。
ヤツが丸亀文化協会の会員なので、招待券があったので、無料だった。

会場には200人位の観客がいた。
シルバー世代が殆んどだ。
おそらく私が最若年観客だっただろうーと思う。

おとうとblog

昭和35年の作品だから、私が10歳の時である。
その昔、観たのではないか??という錯覚に落ちた。
子供の頃から、両親に連れられてよく映画館へ行った。
子供心に観たくもない映画に付き合わされていたのだ。
今、歳をとり、こうして観ると心に響く。
名作である。

岸恵子の気丈で美しい姉と川口浩のやんちゃな弟が繰り広げる話である。
幸田文 原作だから、父親役の森雅之はモデルが幸田露伴であろう。
義母役の田中絹代は新境地の老け役である。

みんな若い。
仲谷昇、岸田今日子の夫婦が出演しているが、まだ夫婦ではなかったと思う。
医師の浜村純が渋い。看護婦の江波杏子が若くてスリムだ。

映画「おとうと」と言えば、昨年の山田洋次監督作品が真新しいが、
ラストシーンの帯を手に結んで姉弟が眠る場面は、「これが元祖か!」なんだ。
吉永小百合と鶴瓶はリボンだった。

撮影は名カメラマン 宮川一夫。
総天然色だが、現像の際、わずかにカラー色素の銀を残す「銀残し」技法で、
くすんだ色調の画面でノスタルジックな雰囲気になっている。

脚本 水木洋子、音楽 芥川也寸志、そうそうたるスタッフである。

いい映画だった。
昨日 日曜日のことである。
スポンサーサイト



壊れたカミソリ

2月26日(土)

毎朝ひげを剃るのに、電気カミソリを使っている。
長年 愛用している。
100Vと充電との兼用タイプで、2枚刃である。

先日、ヤツの不注意で半日の間、黒猫の”クロ”を洗面所に閉じ込めたままだった。
「ミャーミャー」と、うるさいクロはじっとしていない。
洗面ミラーの棚に置いてあった私のカミソリを落として壊してしまった。

壊れたカミソリblog
壊れた電気カミソリ

もちろんナショナル製品で、ひと昔の高級タイプである。
直せば直せるが、切れ味もかなり悪くなっているので、諦めた。
息子のお古 パナソニック”リニアスムーサ”を使うことにした。
充電式 3枚刃だ。
何故か息子はカミソリを2台持っている。

これがまたよく切れるんだー。
今までは髭を引っ張る時があって、「痛っ!」と何度もつぶやいた。
当然、剃り残しも多々あった。

クロがカミソリを壊してくれたお陰で、毎日さっぱりした顔(?)で仕事が出来る。

最後に1句
 ※ カミソリが  クロの仕業で  新たなる

赤ナマコと青ナマコ

2月25日(金)

友人の I さん家でご馳走になっている時、ナマコの話になった。
以前から私の疑問だった”赤ナマコと青ナマコ”の違いだ。

居酒屋さんなんかに行くと、「今日 赤ナマコがあるでー」なんて勧められる。
赤ナマコの方が青ナマコより高級で、希少価値があるようだ。
お品書きにも”ナマコ”とだけ書いている時は大抵、青だ。
赤も時は”赤ナマコ”とわざわざ赤に字を加えている。

でも、私には判らない。
味音痴なので、どちらがどうのーと言われても、判らない。
どちらも美味しいし、どちらも歯ごたえがいい。

I さんは漁師なので、色々説明してくれるが、完全には納得し難い。
人間の服装なら赤が女で、青が男がよくあるパターンだが、
ナマコの場合、赤がメスで、青がオスでもないらしい。

赤ナマコ青ナマコblog
 赤ナマコ  青ナマコ

運動会のように、赤青ガンバレー
どちらも美味しいナマコだった。

最後に1句
 ※ 赤と青  ナマコ比べど  味音痴

畑の大根

2月24日(木)

義姉の亭主 義兄の実家の横に、弟さんが分家した家がある。
その間に、畑があり、大根 ねぎ 玉ねぎ 白菜 色んな菜っ葉が植えてある。
出荷の為でなく、自家消費の為である。
たくさんあるので、自家消費には多すぎるくらいだ。

大根畑blog
畑 大根の畝(うね)

49日の法要の帰り際に、弟さんが「大根でもー」と言って抜いてくれた。
小ぶりだが、みずみずしい大根である。
「ついでにネギも」とネギもくれた。

生きた魚のことを活魚と言うが、まさに活野菜である。
自宅に帰って早速”大根おろし”にした。うまい!
生の活大根だ。魚で言えば刺身かな。

大根blog
抜きたて 活大根

家の横に野菜保管庫を持っているようなもので羨ましい。
大型の野菜冷蔵庫があるようなものである。

子供の頃から、”野菜は八百屋で買う”ものだーと思っていたが、
農家では”野菜は畑から取ってくる”もののようである。

義兄の母 法要

2月23日(水)

2/20の日曜日 快晴。
義姉の亭主 義兄の実家で、この正月に逝ったお母さんの49日法要があった。
私は義姉の妹(ヤツ)の亭主ということで参列した。
ヤツは義姉の実家の代表ということで参列した。

義兄は兼業農家の長男である。
母屋 離れ 納屋など、屋敷が広い。
周りには田んぼや畑も多くある。

代々続く家なので、座敷には立派な仏壇がある。
一向宗なので金ピカの豪華な仏壇だ。

一向仏壇blog
線香をあげ、合掌した。

院主さんの長い読経が終わり、すぐ近くのお墓に納骨 合掌した。
丁度昼時なので豪華な会食があった。

義兄の親戚の人達は知らない初対面の方ばかりであるが、
ニコニコと笑顔で、ビールを持って、ご挨拶に回った。

法要御膳blog
めちゃ豪華版の法要御膳

例によって、ヤツの指図通り、生もの 汁物 鍋 茶碗蒸し
持って帰ることが出来ないものを中心に、頂いた。
このご馳走 次の日も続いた。

49日の法要が終わり、一段落のようである。
プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード