FC2ブログ

日本酒「銀河鉄道」

11月30日(火)

Hさんに誘われて、
お洒落なフランス料理店へ行ったのはもう1ケ月も前のことである。

企画「宮澤賢治を楽しむ」というイベントだった。
私の宮澤賢治好きを知っているので、誘ってくれたようだ。

来年のGWは宮澤賢治を訪ねて岩手を旅しようーと思っている。
花巻 岩手 遠野でそれぞれ1泊しようと考えている。

酒 料理の会でテーマは宮澤賢治?
どういうことかよく判らなかった。

この店のオーナーが賢治ファンで、シェフも同じくファンらしい。
この夜出す日本酒の銘柄が「銀河鉄道」と言い、松山 内子町の地酒である。
酒蔵主も賢治ファンなそうな。
まあー早い話 賢治ファンの集いである。

サラ1blog
出されたフランス料理
ナイフとフォークでなく箸でいただいた

元来 私は”あちゃら料理”は苦手である。
手を出さない程苦手ではないけど、進んで食べはしない。
皆さん「美味しい」と言ってはいるけど、私はさほどでもない。
誘ってくれたHさんには失礼だが、
まずくはないが、美味くもない。
いや、田舎の下町育ちの口に合わない。
が、残さず完食した。

でも、楽しい夜を過ごせた。
刺身なんかの魚の世界ばかりでなく、フランス料理の世界も
ごくたまには、いいかな?・・・

最後に1句
 ※ 酒飲んで  ゴーシュみたいに  セロを弾く
スポンサーサイト

銘酒 芳水

11月29日(月)

Oさんが持ってきてくれた。
銘柄が「昨日しぼった酒」。
私の日本酒好きを知っている。

芳水blog

蔵元は阿波の井川町にある芳水(ほうすい)酒造だ。
好きな酒で、以前訪ねて行ったことがある。
小さな工場だったが、なかなかいい酒を作っている。
剣山の水がいいのだろう。
祖谷の水も吉野川を通って流れてくるはずだ。

この酒はすっきりしている。
熱燗にするよりは、そのままか、冷酒で飲む方がいいみたいだ。

頂いた酒をひやで飲んでみた。
芳醇な香りがして、濃い。
軽くなくて重い。

飲み口がいいのでやりすぎてしまいそう・・・

猫の張り紙

11月28日(日)

猫が張ったわけではない。
当然、ヤツの仕業である。
わが家の悪法”生類憐みの令”の一環である。
店の事務所、入口のノブ付近に張ってある。

事務所blog
事務所入口

取引先、配達人、銀行員さん、関係者、
皆さんおそるおそる入ってくる。
中にはノックをして中を伺う人もいる。
えらい迷惑なことだろう。

わが家はヤツが法律だ。憲法だ。

事務所張り紙blog
猫が飛び出して
来るので 気をつけて
開けて下さい

黒猫クロと子猫ジジが出たがる。
出たけりゃ出ればいい。
ナナは出ようとはしない。

困った張り紙である。
困ったもんだ。
猫じゃなく、ヤツが・・・

映画「桜田門外の変」

11月27日(土)

この映画の為に、壮大なセットを作ったと新聞で読んだ。
完成したら観に行こうと思っていた。
劇場公開された翌日に行った。
もう公開は終わってしまった。

宇多津の劇場ワーナーマイカルへ入る前に必ずホットコーヒーを買っている。
以前は併設の売店で買っていたが、
最近は同じ建物内のマクドナルドで買っている。

代金120円 出そうとしたら、
女性店員さんが「無料です」と言った。
「エッエエー?」
「今日の今の時間帯 無料なんです」
知らなかった・・・

何の義理もない私に、ただでコーヒーをくれる・・・
何と太っ腹なことだろう!
たかが120円と言えども、何人も来れば大変だ。

話は映画だ。
この映画 史実に忠実に描かれているらしい。
なかなか見ごたえのある映画だった。

桜田門blog
映画 桜田門外の変

映画より”無料コーヒー”の話の方が長くなってしまった。

三豊なすとレタス

11月26日(金)

知り合いのYさんから頂いた。
 
”三豊なす”は丸くて大きい。実は柔らかい。
本来、農家の自家消費に植えられていたが、
最近 出荷用にも栽培されている。
三豊とは香川県西部の高瀬 豊中 観音寺付近のことである。
京都の賀茂なすに似ている。

”レタス”は同じく三豊地区でよく栽培されている。
「らりるれレタス」と洒落た呼び名で特産である。
私が子供の頃はレタスはなかった。
おそらく”あちゃらもの”だろう。

死んだ親父は「ちしゃ」という菜っ葉が好きで、
酢味噌あえにして酒の肴にしていたなあー
「ちしゃもみ」と呼んでいたなあー。

三豊なすblog
三豊なす  らりるれレタス

三豊なすは焼きなすびにして、鰹節をふり食した。
レタスは鍋の白菜代わりにしてポン酢で頂いた。
これが結構いける。
水炊きに合う。
シャキシャキ感が残って”野菜を食べているー”感がある。
”健康になりそうー”感がある。

どちらも素材がいいので美味かった。
料理は素材である・・・実感した。

最後に1句
 ※ 秋が行く  らりるれレタス  三豊なす

プロフィール

haratetsu

Author:haratetsu
原哲(はら てつ)

1950年香川県生まれ
丸亀高校卒
金沢大学中退(工学部電気工学科)
洒落集団「滑稽倶楽部」主宰
1999年から多度津商工会議所会報でエッセイ連載中(月刊)
漫才やコントの脚本、川柳、俳句に興じ、尺八を吹き、
チェロを弾く
多度津町在住

※エッセイ集「滑稽倶楽部」 1260円
  2006年12月出版
  お譲りします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード